天使にラブ・ソングを…

今ではミュージカルやバンドを題材にした映画は多くありますが、1992年にアメリカで大ヒットした映画『天使にラブ・ソングを…』はいかがでしょうか?
元気が出てハッピーになれる、ウーピー・ゴールドバーグ主演のロックな聖歌隊の映画です。
ネバダ州を舞台に、クラブで歌手として働くウーピー扮するデロリスは、とある事件をきっかけに修道院に身を寄せます。
しかもそこはカトリック系の修道院、堅苦しい日々を過ごす羽目に!
そんな中、聖歌隊の指揮者に抜擢され、やがて修道院だけでなく街や周囲を巻き込んだ、大きな話題になっていくのです。
また、この『天使にラブ・ソングを…』は現在2まであって、2では、ローリン・ヒルやジェニファー・ラブ・ヒューイット、ライアン・トビーなどその後大きなヒットを出した歌手や役者が多く出ているのも特徴的!
2の舞台は荒れた高校で、そこに教師として派遣されたデロリス(ウーピー)。
私のお勧めは断然、この2です。
今作の主役はどちらかと言うと高校生でもあります。
多感な時期、親や自分自身との葛藤、歌や仲間への思い。
成功が自信となり、自分の殻を破っていく、こんなに観ていてスカッとする聖歌隊の映画は他に類をみません。
元気なりたい時、ぜひこの『天使にラブ・ソングを…』はいかがでしょうか!

SNSでもご購読できます。